「新潮45」10月号が掲載したLGBT批判の特集記事の内容に反発して、出版元の新潮社の本を書棚から撤去する書店も現れた。

この特集記事には、文芸評論家・小川榮太郎氏は「LGBT様が論壇の大通りを歩いている風景は私には死ぬほどショックだ」などと書いたことに関して、LGBT当事者らから反発する声が挙がっていた。

言論の自由はあります。
区別ということも大切です。
しかしここまで言ってしまうと差別的と言われても仕方がありません。

ですが撤去というのも善し悪しだなとも思います。
このような発言を封殺するのではなく、多くの人が読んだ時に
どう感じるのか?どう思うのか?ということも大切だと思うのです。

LGBTに対してはまだまだ偏見はあります。
その偏見がどのようなものなのか?を知ることも重要なのではないでしょうか。