トランスジェンダーと制服というテーマはとてもむずかしい問題だと思います。
その対策方法は様々な選択肢があると思いますが、このニュースを見た時の感想は「これじゃない感」でした。

学生服製造の全国シェア約7割を占める岡山県で、男女の性差を感じさせない制服の開発が進んでいる。心と体の性が異なるトランスジェンダーの生徒にも違和感なく着用してもらおうとの配慮からだ。

菅公学生服(岡山市)は1997年から女子用スラックスを販売し、現在では全国の小中高約800校が採用している。もともとは防寒目的で、近年はトランスジェンダーへの配慮から採用が増えた。2016年の展示会からは、男女で左右異なる「前合わせ」をなくしたファスナー式のブレザーを提案している。

トンボ(同市)は16年に「ジェンダーレス制服」と称したブレザーとスラックスを発表した。

トランスジェンダーへの対応なら嬉しいのですが、これはトランスジェンダーに周りを合わせさせる制服だと感じたからです。
これでは「トランスジェンダーへの配慮を優先してそれ以外の人への配慮はどうなるの?」と言われてしまいますからね。
逆差別のような状態になると一気に世間からの風当たりが厳しくなるのが差別問題・マイノリティー問題だということを前提にして社会が一体となって考えていけるようにしてほしいものです。